r.o.p.h.

Death Note アニメ感想。 コミックス2部(page.67以降)の感想と予想(というか、思いつき?)もアリ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あなたのワンクリックが励みになります!
(拍手だけでも送れます)

DEATH NOTE the Last name 感想

エンドロールを見ながら、体にポッカリと穴が開いたような寂しい気分に襲われました。
アニメは放映中ですが、今のところオリジナルの展開はなさそうですし・・・。
デスノートは既に終わってしまった物語なのだなぁ・・・。

◆全体的な感想(ネタバレなし)
前編公開時に前情報を仕入れすぎた反省から、今回は番宣も公式ページもまったく覗かずに見てきました(さすがにCMは見た)。

まず言えるのは、戸田恵梨香・片瀬那奈・満島ひかりファンにはお勧め!ということです(笑)。
CMでもお馴染みの戸田ミサの拘束着姿は公式ページによれば「痛々しいが美しい」とスタッフに評されたそうですが、確かに綺麗。
片瀬那奈もいろいろ突っ込みたくなるような格好をたくさん見せてくれますが、その美脚のおかげですべて許せます。
満島ひかりちゃんもキュート。
彼女達は目の保養という以外に、それぞれがちゃんと見せ場を持っていて、そこで体当たりの演技を見せてくれます。
彼女達を丁寧に撮っているおかげで、物語に厚みが出ました。

男優陣も頑張っています。
前編では「そこまで悪なのか・・・」という驚きを最後にもっていくために、悪人っぽい演技は封印していた感がありましたが、今回の藤原月は実に憎憎しい(あ、爽やかなとこもあります)。
松ケンLも前回以上にノリノリの演技。
顔色が悪くまるで死んでいるような風貌なのに、映画の中では一番生き生きとしてます。
月VSLの直接対決は、そんな二人の演技のおかげで雰囲気的にはドキドキハラハラ感が再現されていました。

ですが頭脳対決という面から見ると、少々物足りない。
L側の推理の根拠が薄弱な点が目立ちます。
それでも複雑なトリックを大筋だけでも理解できるように、うまくまとめてあったと思います。
ただ最後のどんでん返しの要となるルールをトリックを仕掛ける登場人物がどうやって知ったのかがハッキリと描かれていなかったので、私は少しだまされたような気分になってしまいました。
そこらへんがさりげなく描かれた上であの場面を見せられたら、パズルのピースが一気にはまっていくような爽快感が味わえたかも。

月の独りよがりな理想に対して映画はどんな反論を用意しているのだろうと思っていたのですが、「法律には血が通っていない」という見解に対する「正しくあろうとした人間の努力の積み重ねが法律だ」という答えには深く頷かされるものがありました。

原作でも月の正義に対して月を追う側の正義とは何かが語られる場面があります。
「自分が正しいと思うことを信じ正義とする」
これは普段自分が感じていたことでもあるのですが、根っこは月と同じ。
独りよがりな理屈な気がしていたので、映画のこの言葉は目から鱗でした。
正義というのは何も行動しないで得られるものではない。
一人一人が正しくあろうと、努力していくしかないんですね。

原作のドライな展開が好きな人や緻密な頭脳戦を期待している方向けではありません。
でも、原作の雰囲気を楽しみたい人・原作ではほとんど描かれていなかった人間ドラマを見てみたい人にはお勧めな映画です。

◆お勧め感想
わかりやすさとストーリー
 原作未読者にしかできないレビュー。
 デスノートがLの成長物語だったとは・・・!

映画生活内のりんぼさんの感想
 ウンウンと頷きながら読みました。

映画瓦版
 こちらはミサのラブストーリーという解釈。
 見る人の数だけ解釈が違っていて面白いです。


以下はネタバレ。
しかもシーンごとに感想を書いているので、無駄に長いです。
よろしかったらどうぞ。
【“DEATH NOTE the Last name 感想”の続きを読む】
スポンサーサイト


あなたのワンクリックが励みになります!
(拍手だけでも送れます)

テーマ:DEATH NOTE - ジャンル:アニメ・コミック

映画 DEATH NOTE デスノート 前編 感想

DVDを待つべきか迷ったんですが、我慢できずに見てきました。

期待していなかった割りに(失礼)、脚本はなかなか良くできていたと思います。
原作トリックのアレンジの仕方、後編につなげる終わり方もうまい。
何よりも月の本質を捉えていたのがポイント高いです。
まんまと騙されました。

メインキャストの演技も良かったです。
「死神のおでましか」と月が言う場面を特番で見て、「藤原竜也の台詞回しは演技過剰なのでは?」と密かに危惧してました。
でも実際に見ると死神というファンタジックな存在が相手のせいか、ピッタリ嵌ってました。
Lについても外見や仕草がまるでコミックから抜け出してきたかのようで、見事としか言いようがなかったです。
ちなみに原作のイメージに一番近かったのは松田。
場の空気を読めない感じとかそのまんま!(笑)
他の刑事は誰が誰だかわからなかったなぁ。
せめて相沢はアフロにして一目でわかるようにして欲しかった(笑)。

しかし全体的にチープな雰囲気でした。
基本的にエンターテイメント性を追求した映画だと思うので、心を動かされるような何かを期待して行ったわけではないのですが。
ただ、演出次第によっては何と言ったらいいのか、もう少し深みや面白味を感じさせることができたのではないかと思いました。

例えば、月が渋井丸拓男に会いにいったシーン。
あのシーンを見て、犯罪者に対する怒りを抱いた人は皆無なのでは。
少なくとも私は、渋井丸拓男の演技がショボすぎて、呆れを通り越して笑い出しそうになっただけでした。
ですから、その後月が六法を道端に叩きつけるのを見ても、あまり説得力を感じませんでした(それ以外の要因もあるのですが)。
悪役の方は全員、見事なほどに「自分は悪い奴なんだよー」「俺ってイカレタ奴なんだよー」というワザとらしい演技を繰り広げてますから、演技の問題というよりは脚本や演出の問題のような気がします。
見ている側に「こんな極悪非道な犯罪者が野放しになっているなんて・・・」と憤りを感じさせる演出にすれば、デスノートの重いテーマをもっと観客に感じさせることができたのではないかと思います。

月とLの初対決も気になったシーンの一つ。
あそこは原作では名場面の一つ。
上手く演出すれば、映画でも「天才VS天才」を象徴する場面になったはずだと思うのですが。
音楽は盛り上がらないし、「殺してみろ!」の台詞の後に妙な間は空くし、映画館の席でいたたまれなさに悶えてしまいました。
リアルと言えばリアルなのですが、原作読者としては、あそこはもっと盛り上げてほしかった。
偽Lが死ぬ部分でTVを見る人たちが騒ぐシーンが挿入されていましたが、原作のようにLが「殺してみろ!」と言っているところで総一郎やTVを見ている人たちの「どうなるんだ?」という反応をいれたほうが、面白いような気がします。
原作未読の方はどう感じたんでしょうか?

というわけで、個人的にはストーリーは面白かったのに予告を見たときに感じた演出への不安が的中してしまって残念、という印象でした。

後編も既に撮影に入っているとか。
またしても短期間の製作で大変だと思いますが、もう一歩踏み込んだ素晴らしい映画ができることを期待してます。
頑張ってください!

シーンごとの感想も書きつつあるのですが、長すぎて途中で挫折するかも。

あなたのワンクリックが励みになります!
(拍手だけでも送れます)

テーマ:DEATH NOTE - ジャンル:アニメ・コミック

DEATH NOTE 映画情報まとめ

自分用に映画情報のまとめをつくってみました。
随時、更新していきます。
◆基本情報
 ★原 作  大場つぐみ
 ★漫 画  小畑健
 ★出版社  集英社 DEATH NOTEの公式サイトはコチラ
 ★配 給  ワーナー・ブラザース
       DEATH NOTEの公式サイトはコチラ
 ★企画制作 日本テレビ
 ★監 督  金子修介
 ★監督補  松枝佳紀 ブログはコチラ
 ★助監督  山口晃二 ブログはコチラ
 ★キャスト
  夜神月    :藤原竜也
  L      :松山ケンイチ
  弥海砂    :戸田恵梨香
  南空ナオミ  :瀬戸朝香
  レイ・イワマツ:細川茂樹(原作ではレイ・ペンバー)
  ワタリ    :藤村俊二
  夜神総一郎  :鹿賀丈史
  秋野詩織   :香椎由宇(映画オリジナルで月の幼馴染)
  リューク(声):中村獅童
 ★公 開
   Part1:2006年6月17日
   Part2:2006年10月
◆映画レビュー
  • 前田有一の超映画批評
    ネタバレはありません。
    が、ご本人が超毒舌!と言うだけあって、読むのに覚悟が必要です。
    ちなみに原作については「読み出したらとまらなくなった漫画」と絶賛してます。
  • 映画瓦版
    こちらもネタバレなし。
    松山ケンイチのLについて存在感があると褒めています。
    かなり好感触。
  • Yahoo Movies!
    いわずと知れたYahooのレビュー。
    ネタバレしたくない人は読まないほうがいいです。
    タイトルと採点状況(6/15現在5点満点中4点)をみた限りでは概ね評判がよいようです。
  • 映画生活
    Yahoo Movies同様、ユーザーが映画のレビューを自由に書けます。
    ネタバレあり。
    点数をみると評価のいい人と悪い人とかなりバラけてます。

◆お役立ちリンク
  • デスノートのメディア展開を詳しく追っていらっしゃるので、とっても便利です!
    趣味洋洋2
  • デスノート映画速報を知りたい方は必須!(最近は更新されていないようです)
    ホワイトデータマンション

◆更新履歴/関連記事
2006/6/15UP!
試写会の映画レビューがボチボチでてきたので、リンクしました。
基本情報も少しずつ更新。
公式ページでは「『デスノート』6サイト連合キャンペーン」が6/14から始まっています。
キーワードを集めるとプレミア映像が見れる模様。
しかし時間に余裕がないとできない企画が多いな。

2006/5/25UP!
たまたまネットをみていたら、デスノートの話題があったので1ヶ月以上あいていますが更新。今後も気が向いたら更新します(笑)。

2006/4/7UP!
公式ページがまたちょっと模様替えしていました。月の後姿が見れます。あと、スタッフ・キャスト情報も大幅に更新されてました。キャストについての感想はまた後日。
  • 松枝監督補のブログが3/30更新されてました。藤原竜也のメッセージを見たときに、撮影終了ということでびっくりしたのですが、既に音楽とかもついているのですね。
    仕事、早っ!

2006/4/6UP!
  • サンスポ:レッチリが映画主題歌…日本版PV製作も決定!
    アリ! Red Hot Chili Peppersの「Dani California」が主題歌に決定しました。
    ワーナーつながり?
    今ならYahoo!動画でPVが全部見れます。
    ※見れなくなったので、リンクを削除しました。
     一部だけならこちらで視聴可能です。
    聞いた感想は、ぶっちゃけ持っていたイメージとはギャップがあるのですが、合っていると言えば言えなくもない。
    「Dani California」ってどういう意味なんでしょう?
    歌詞は「父ちゃんが警官で、母ちゃんはヒッピー」とか合っているようで、合ってないような・・・。少なくとも幸子はヒッピーではなかった・・・と思う(笑)。

2006/4/4UP!
公式ページで携帯をクリックした後にHOMEに戻ると月がベッドの上でノートPCを使っている姿が現れます。
  • TSUTAYA ONLINEで藤原竜也からのメッセージが見れます。
    もう撮影終わったんですか?! 早すぎませんか・・・? 不安。
    あと藤原さん、あまり掻かないでください~。見てるこっちが痒くなります。
  • 金子監督のブログが4/3更新。
    犯罪者が死ぬシーンは撮っていて楽しいと物騒なコメントが・・・。

【“DEATH NOTE 映画情報まとめ”の続きを読む】

あなたのワンクリックが励みになります!
(拍手だけでも送れます)

テーマ:DEATH NOTE - ジャンル:アニメ・コミック

DEATH NOTE 映画予告感想

Yahoo! Moviesのユーザーレビューは期待値も含めて5点満点で4.2点!
試写会を見た人の感想もタイトルみたかぎりでは「そこそこよかった」という方が多いようです。
これは・・・期待してよいのか?<ちょっと映画化に懐疑的だった人

そんな状況で超今更!の感が否めませんが、公式ページの映画予告を見た感想です。
全体的には、なかなかいいんじゃない?(偉そう)というところ。
が、少し辛口な部分もあるので、映画が楽しみ!という方はご覧にならないほうがいいかもしれません。
【“DEATH NOTE 映画予告感想”の続きを読む】

あなたのワンクリックが励みになります!
(拍手だけでも送れます)

テーマ:DEATH NOTE - ジャンル:アニメ・コミック

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。