r.o.p.h.

Death Note アニメ感想。 コミックス2部(page.67以降)の感想と予想(というか、思いつき?)もアリ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あなたのワンクリックが励みになります!
(拍手だけでも送れます)

Page.84 偶然 感想

新世界の神となる!」と宣言した月を見たときも、かなりイッてる人だとと思いましたが、魅上はそれを越える器かも。

◆魅上の性格を形成した「偶然」
魅上くんは小中学校は学級委員をしていました。
可愛らしい眼鏡っ子。
が、頭の良い子は考えることが違います。
自分のクラスを全校 否 日本一のクラスにする様 自分に誓い行動した」って、この発想からして既に普通じゃありません。

いじめっ子に断固立ち向かう魅上くん。
小学校の頃は何とかなっていたようですが、中学の頃から自身も悲惨ないじめに会うように。
母親に相談するも、魅上が傷つくことを恐れた母親から仲裁を止めるように言われ、魅上はいじめっ子だけでなく母親の存在まで自分の中で否定するようになります。
そんな時「偶然」、いじめっ子と母親が同じ事故で死んでしまいます。
その後も魅上が存在を否定した人間が死んでいく偶然が続き、「天罰が下る」ことが現実であるとの認識を強めていくことになるのです。
魅上は成長過程で、自分の内世界と現実世界とをうまく一致させることができなかったということでしょうか。
・・・不幸だ。


◆検事から神の仲間入り
悪は裁くことが自分の天職だと考えた魅上は検事になります。
そんな魅上が検事になった途端、キラが裁きをはじめます。
今までの偶然を神の御業と考えた魅上は「神は自分を知っているに違いない」と、神の目に止まりそうな場所にできるだけ出向きます。
その結果、神は魅上を認め、力を与えてくれました(月は単に魅上を利用したいだけなのに)。
ここの魅上の歓喜(?)のポーズが笑えます。
エアメールで力を分け与える神なんて随分と即物的で、この時点で「キラ=神」という考えは普通なら捨てそうな気がするのですが、魅上はどうもそう考えなかったようです。
自分も神となる許しを得たのだ」という台詞から、神の仲間入りをしたと思っている様子。
月が「退屈だったから」と半分ゲーム感覚で新世界を作り始めたのに対し、魅上は最初から殺る気満々。
月・・・出目川に続いて、また手に負えない人物を味方に引き入れてしまったようです。

そんな魅上がノートを手にしてしまったから、大変です。
削除 削除 削除 削除 削除 削除 削除」・・・・「削除」のエンドレス。
キラがあれだけ裁いていたにもかかわらず、未だに削除対象になる人がそんなに沢山いるというのも驚きです。

ところでリュークは魅上に死神の目を与える以外に、キラの指示も伝える役目を負っていたようです。
魅上に死神の目を与えたのはどうやら月の指示のようですね。
他にどんな指示を伝えたのでしょうか。
リュークは完全に月のいいように使われていますが、魅上も「まだ居たのか」とつれない態度。
死神の威厳はどこへ・・・。
ま、本人は余り気にしていないようですが。
スポンサーサイト


あなたのワンクリックが励みになります!
(拍手だけでも送れます)

テーマ:DEATH NOTE - ジャンル:アニメ・コミック

Page.84 偶然 予想

答えあわせの為に読み直していて気づいたのですが、前回の予想で「宇生田」を「宇木田」と書いてしまっていました。
ごめん、ウッキー・・・。

◆前回予想の答え合わせ
★イベントを仕掛ける人物

やっぱり魅上でしたね。
出目川を殺すとは思ってませんでしたが・・・。
△って感じかな。

その他の人物の動きについても答えあわせ。
★ニアの動き
観察するだけだと思ったら、珍しくレスターに月を調べるよう指示を出しています。
×です。

★メロの動き
相沢と模木を尾行し、日本捜査本部の場所をつきとめるところは合っていました。
ただ、相沢と模木の解放場所をニアから教えてもらうところが違っていました。
△。

★相沢、模木、伊出の動き
月の元に戻ると予想していたのでこれは当たり。
月にニアのところへ行ったことを話すことまでは予想できませんでした。

★月の動き
犯罪者の裁きを魅上に任せている部分は合っていました。
ニアとメロへの対処は依頼しているんでしょうか・・・。
魅上への指示に、出目川対策を含めてなかったことを考えると微妙ですね。
これも△かな。

★削除
出目川を削除するということでした。
これは×です。

★魅上と月の関係
今回もハッキリせず。
このまま、特に描写されずに終わるのか・・・?


次号タイトル:偶然
次号予告:動く魅上・・・彼の人格とは・・・!?


◆魅上の人格
キラが現在裁きを下せない状況にあることを推測してますから、頭はいいんでしょうね。
死神の目をもらったことを喜んでいることからして、寿命にあまり関心なさそう。
月のように世界を自分の意のままにしようというより、狂信者といったイメージが強い。
予告からして、魅上の性格がわかるようなエピソードが描かれるのでしょうが・・・。

★魅上の今後の動き
→キラを救うために独自にキラの正体を探る、またはLの正体を探る

先に書いたように、キラが危機的状況にいることはわかっているようです。
現在は狂信者的な面が強いので、とりあえず神(笑)を救うための動きをするのではないかと予想しました。
警察とのつながりもあるので、日本捜査本部の動きも調べられそうです。


◆その他の人物の動き
★月
→特に動きなし

最近行き当たりばったりで、まったくいいところのない月。
反撃してもらいたいところですが、相沢に監視されている状態ではそれも難しい。
モノローグであーでもないこーでもないと言うだけの状態が続きそうです。

★ニア
→出目川の死についてコメントくらい。特に動きなし。

もともと動きの激しい人ではないので、また観察モードへ移行するのではないでしょうか。
ちなみにレスターは日本で月について調べるわけだから、今後、昔の恋人ということで清楚高田やユリの登場があるかも・・・?

★相沢・模木・伊出
→ミサへの監視を止める。
 捜査本部にあるDeath Noteは月以外の人物が管理する。

ミサが裁きを行っていないことはすぐにわかると思うので、ミサへの監視は既に終えているのではないかと予想しました。
「捜査本部にあるノートは月以外の人物が管理する」というのは、月への監視強化対策として、やってもおかしくないと思うのですが。
月もそうされて、文句言えないでしょうし。
それで月の記憶が飛んで・・・ということはないとは思いますが。

★メロ
→マットがミサに接触する
 メロも「二代目L=夜神月」に辿り着く

メロだと顔が怖いので、ミサが警戒しそうです。
少し調べれば、ミサが元芸能人だということはわかりそうなので、マットが「ファンなんです~」みたいな感じで近づき、結果メロが「二代目L=夜神月」に辿り着くのではないでしょうか。
もちろん誘拐という手段も考えられなくはないですが、メロは「二代目L=夜神月」以外のことはハルから聞いているようです。
誘拐という手段で得られるものは少ないのではないでしょうか。
それよりも、ミサの恋人である人物の名前を聞き出したほうがキラに早く辿り着けます。


◆偶然
思いつきなんで(いつもの事ですが)、当たったら正に偶然です。

1.月が「キラ王国」で魅上を見たのは偶然だった・・・という前フリで、魅上と月の関係が明らかになる。

2.マットがミサに「偶然ですね」という感じで話しかける。


あなたのワンクリックが励みになります!
(拍手だけでも送れます)

テーマ:DEATH NOTE - ジャンル:アニメ・コミック

Page.83 削除 感想

二週間、長かった・・・!

◆ニア・メロ・相沢の動き
「二代目L=夜神月」と断定したニア。
それ以外の情報をメロに教えるようリドナーに指示します。

レスターは月の捜査のために単身、日本へ。
レスター、日本に居たら目立ちそうです。
後で殺されないといいですが。

ニアからもらった情報を元に、空港にいる相沢・模木を尾行するメロ。
模木をSPKへ送り込んだ事への礼ってところか・・・)とか考えてますが、ニアは単にまたメロを利用して効率よく動こうとしているだけだと思います。
メロ・・・甘いな。
ところで、メロに仲間が増えたようです。
年代もメロと同じくらい。
もしかして、Lの復讐に燃えるワイミーズの一員でしょうか?

相沢・模木はとりあえずミサを調べることに。
ミサが久々のサービスショットを相沢と模木に披露しますが、相沢の感想は(この格好でノートを身に付けているという事はないな・・・)。
妙に冷静(笑)。
赤面していた初心な相沢が懐かしい・・・。

月が「ミサを調べてほしいくらいだ」と言っていただけあって、証拠はさっぱりなく、模木が残って引き続きミサを監視することになります。

模木にミサの監視を託した相沢は月の元へ。
ニアのところへ行ったこと、これから月とミサの監視をすることを告げます。

一方、相沢を尾行して日本捜査本部の場所をつきとめたメロの元に、ミサを監視するマットから連絡が入ります。
俺がこう言うのもなんだが・・・・・・かなり可愛らしい日本人女性だ
・・・・・・真面目に言ってるのか マット
何このやり取り(笑)
メロは絶対ミサが可愛いって聞いたから、そっちから調べることにしたに違いない!


◆削除
場面は変わって、日本捜査本部内。
気まずい雰囲気の中、皆で「キラ王国」を見始めます。

どうやらミサから指示の来なくなった出目川がとうとう暴走を始めた様子。
勝手に幹部を選出し、「キラ王国」とかいう建物まで造り始めてしまいます。
月は「なんとしても早く魅上とコンタクトをとる手段を考えなくては・・・」と焦りまくりですが、最初から魅上が出目川に指示を出すようにしておけばよかったのに。

そんな出目川の暴走をTVで見る魅上。
あれ・・・? リュークはこっちにいつの間にか来ていました。
どうやら魅上は死神の目の取引もしているようです。
これは月の指示なのか、それともリュークが勝手にしたことなのか・・・?
そしてとうとう、出目川は魅上にサクっと「削除」されてしまいました。
・・・自業自得とはいえ、哀れです。

月は魅上の裁きに満足はしているものの、少し脅威も感じているようです。
目の取引をした命知らずな面といい、出目川の殺し方といい、魅上はかなり苛烈で果断な性格をしている様子。
こわー・・・。

あなたのワンクリックが励みになります!
(拍手だけでも送れます)

テーマ:DEATH NOTE - ジャンル:アニメ・コミック

Page.83 削除 予想

◆前回予想の答え合わせ
★相沢はどこまで話すのか?
名前以外は相沢が全て明かし、名前にたどり着くのはニアの推理で、という展開でした。
相沢が月の名前を明かすと予想していたので×です。

★魅上と月の関係
魅上が今回出てこなかったので、保留。
名前は知らなかったにしろ、顔は知っていたんじゃないかと思うのですが・・・。

★自分
これは無理。

おぉ・・・当たらない確立99%!って感じ(^^;)


次号タイトル:削除
次号予告:なし(次号休載)


月とニアとの攻防は一旦終了したので、誰が次のイベントを仕掛けるのかが鍵となるでしょう。
一人ずつ検証してみました。

★ニア
「キラ=夜神月」と断定したニア。
今回相沢に「こっそり(連絡を)お願いします」と言っていることから、「キラ=夜神月」と断定したことを月に告げることはないでしょう。
ニアは月がスケープゴートを立てていることを予測しているので、まず魅上の存在を特定した上で、魅上が月と連絡を取らざるを得なくなる状況へ追い込む・・・というような展開が考えられます。
しかし「打つ手は今のところさっぱりない」と言っていますし、今までの行動パターンからすると自分から何かを仕掛ける気配は全くありません。
次回も他人の動向を観察するだけで終わりそうな気がします。
たまには自分から動いてほしいのですが・・・。

★メロ
今のところ一人でキラに立ち向かっているメロ。
頑張れメロ!(r.o.p.h.はメロを応援してます)
残念ながらメロは動ける材料がない・・・と思っていたら、ありました!
SPKが暴徒に襲われたとき、レスターだけは覆面をしないで逃げています。
メロはレスターの顔を知っているはず(Page.77 利用)。
ということは、レスターの後を尾行し新SPK本部の場所をつきとめているとは考えられないでしょうか。
そしてそこから出てきた模木と相沢を尾行して月に迫っていき、ノートを奪う・・・という展開はどうでしょう?←誰に聞いてるんだ

★相沢、模木、伊出
相沢の「私は日本捜査本部の一員でLの下で動いているんだ」という台詞を聞くと、一旦月の元に戻るのでしょうね。
メロのところで書いたように、メロは相沢たちの居場所を知っていてもおかしくないので、メロと相沢側との協力体制も考えられます。
しかし総一郎の敵としてメロを追っていることや(まぁ、宇生田の敵のキラとは手を組んだわけですが)、ニアに「二代目L=月」ということを教えなかった相沢の頑固な面を考えると可能性としては低いでしょう。

★月
自分が動くと証拠が残るので魅上に犯罪者裁きを任せ、更にニアとメロ・相沢達への対処についても一任していると思われます。
しばらくはLとして出目川を追う振りを続けるのではないでしょうか。
逆にLとして活躍しすぎてしまって、魅上に殺されてしまう・・・なんて展開になると面白いですが。

★魅上
キラからの指示書を燃やしていた(Page.81 通告)ところをみると、指示書をキラの犯罪の証拠として公にする意志のないことが伺われます。
とりあえず、月の味方として動くと考えてよいでしょう。
キラを追う者達への対処についても月から一任されていると思われるので、ここらで月が副大統領に頼んでいたSPKメンバーになったと思われる人物のリスト(Page.77 利用)が活躍するかもしれません。

長々と書きましたが、次回はやはり魅上が動くというのが順当ですね。


◆削除
今回の月の「証拠は出ない 出るなら僕からしかない」という台詞から、月が証拠を削除するというのが素直な予想。
でも、証拠は削除していたんじゃないんですか?
逆に今まで証拠を残しながらLとして仕事してたっていうのも凄いですね。
それだけ日本捜査本部の面々は舐められていたということでしょうか。

もう一つ思いついたのは、「Page.77 利用」の月のこの台詞から。
「SPK創設時の少し前から辞めた者 消息がわからなくなった者 データが消えた者を徹底的に調べさせてください」
データが削除されていたのはこいつだ!ということで、ジェバンニとハルがリストに入っていた・・・なんて展開だとドキドキしませんか?


2005/10/25 修正
「宇木田」を「宇生田」に修正しました。

あなたのワンクリックが励みになります!
(拍手だけでも送れます)

テーマ:DEATH NOTE - ジャンル:アニメ・コミック

Page.82 自分 感想

あれ・・・。魅上は?

◆相沢SPKへ
公衆電話の前で電話をかけるタイミングを図っている相沢の前にSPKのジェバンニが登場。
また、無駄に大きい車ですねー。Lの遺産はどんだけあるのか。
相沢は目隠しをされてSPKへ。
「Mr.模木 Mr.相沢で間違いありませんか?」というニアの問いに頷く模木。
あくまで無口。
今回のSPK本部の扉はハリウッド映画に出てくる金庫室の扉みたいです。
かなり頑丈な建物なのでしょう。
こんな建物をすぐに作れるはずもないので、前々からあったんでしょうね。
Lの遺産、どれくらいあるんでしょう・・・。(しつこい?)

「二代目L=キラ」という疑惑を自分でも拭えないが、メロの言うことが信用できなければ何も話せないという相沢に対するニアの台詞。
「尊敬し目標とするLがキラに殺されたのは明らか・・・ どんな手を使ってでも捕まえたい・・・ 当たり前の感情だと思いませんか?」
・・・いや、あそこまでするのはやり過ぎだから。
それに、ニアがこういうことを言っても相沢から情報を引き出すための手段として嘘をついているように聞こえるんですが。
実際、そういう効果を狙っているんでしょうし。
Lは本当にワイミーズハウスの者全ての目標だったんでしょうか?
あー、ワイミーズの小さい子供達に慕われているLの過去話が読みたい!

結局、相沢は(次長を殺された我々の気持ちにも通ずるものが・・・)と情にほだされて、話すことを決意。
相沢、甘い!
せめてメロの情報と交換とか、自分の側にも利益になるように持っていかな!


◆自分
月とミサが解放する際に、総一郎が「キラを殺し自分も死ぬ」と芝居をしたことを相沢が話すとニアの表情に変化が。
「で 誰なんです? その二人」と言うニアに対し、相沢は容疑者の名前を明かすことだけは断固拒否。
拒否された時のニアの顔が(もぉー、この人固いなぁ)といった感じで笑えます。

相沢と模木はしばらくSPKにいるのかと思ったら、ニアはあっさり二人を帰すことに。
相沢も流石に「聞くだけ聞いて「もう帰れ」か?」とプチ切れしてます。
まぁ、そこはあなたの交渉の仕方にも問題ありますから。
ニアは既にキラが身代わりを立てていることも推測。
今は打つ手がないので何かあったらSPKへ連絡するよう話して、結局、二人に丁重にお引取り願いました。

「自分」は「キラを殺し自分も死ぬ」という総一郎の台詞を指していましたね。
そして、これがニアの中で総一郎とキラが親子、つまり「キラ=夜神月」という確信につながる決定打となりました。

・・・うーん、ここのところ緊迫感のあるやりとりが続いていたせいか、今回は何か物足りないような。
相沢じゃニアには相手不足というところでしょうか。
デスノの推理ってそれほど論理的ではないし、読者の視点ではわかりきっていることなので、長々と今までの経緯を説明されて「キラ=夜神月」だという推理をされても、つまらないように感じてしまったのかも・・・。
それとも単に魅上の登場を期待していたせい・・・?(それだ!)


あなたのワンクリックが励みになります!
(拍手だけでも送れます)

テーマ:DEATH NOTE - ジャンル:アニメ・コミック

Page.82 自分 予想

◆前回予想の答え合わせ
★ニアの仕掛け
結構いい線いってると思ったのに・・・!(笑)
しかも、「Page.80 掃除」の予想「模木が心臓麻痺で死んだような芝居をうって、もっと日本捜査本部の動揺を誘っても」と書いたのに・・・。悔しい!!

★通告
サイトを回ったところ、キラの魅上に対する指示を指すというのが「通告」らしいですね。
全然、的外れ。
読解力にも問題ありでした。

★出目川の運命
「殺されない」という部分については一応あってました。
今後、どうなるかはわかりませんが・・・。


次号タイトル:自分
次号予告:ニアの元へいった相沢は・・・!?


◆相沢はどこまで話すのか?
一番の焦点は「二代目L=夜神月」と話すのかどうか。
月は既にスケープゴートを用意しており、指示も出しています。
おそらく「二代目L=夜神月」とわかっても大丈夫と思っているに決まってます。
月が「大丈夫」と思っている時は、全然「大丈夫」じゃない場合が最近多いので、たぶん相沢は「二代目L=夜神月」をニアに教えてしまうのではないでしょうか。(あんまり予想になってない)


◆魅上と月の関係
魅上は検事だとのこと。
検事が何をするのか今ひとつわかっていなかったのですが、そんな疑問にストレートに答えてくれるページを発見しました。

http://www.nhk.or.jp/kdns/_hatena/01/0210.html

どうやら、警察と検事は密接な関係にあるようです。
月は魅上のことを知っていたと考えてもいいのではないでしょうか。
「検事は「この人はこういう法律違反をしたから罰してほしい」と主張」するそうですが、魅上はその部分が行き過ぎの傾向がある検事として有名で、月は「こいつならピッタリ!」と閃いた、なんて。

魅上が来週どんな動きをみせてくれるのか楽しみです。


◆自分
・・・。
魅上の過去話でもでてくるんでしょうか。
「自分とは何なんだ・・・!」みたいな苦悩する哲学青年だったりね。


あなたのワンクリックが励みになります!
(拍手だけでも送れます)

テーマ:DEATH NOTE - ジャンル:アニメ・コミック

Page.81 通告 感想

◆新キャラ登場!
月は出目川を守っているキラ信者の一人をスケープゴートに仕立てようとしているようです。
焦り気味な月のご指名を受けてしまったのが、魅上照(みかみ てる)。
なかなかイケメンの検事さん・・・って検事が出目川の追っかけしてていいのか!?
月が魅上を選んだ理由は何でしょう?
コマの流れを追っているだけだと、単に顔が気に入って決めたように見えてしまうのですが・・・。
知り合い?
しかし「キラをどう思いますか→神」って・・・。
一体どんな性格をしてるんでしょう。
クールそうに見えて、突然「ふはははは・・・」とか笑い出したりするようなキャラなんでしょうか、やっぱり。
ところで「照(てる)」は、Lと月を併せたような名前ですね。
「teru」に「エル」の発音が含まれ、「照」らすを英訳すると「light」。
顔と髪型も月とLからとってきたような感じですし。
果たしてこの名前は何か意味があるのか、それとも深読みしすぎなだけなのか・・・。


◆通告
LAに帰ろうという伊出に対し相沢は「もう少し考えたい」と、月への疑惑を拭えない様子。
そんなところへニアから連絡が。
「Mr.模木が心臓麻痺で死にました」
実のところ模木はレスターにテープで口をふさがれてるだけで、生きてます。
しかし、そうとは知らない日本捜査本部には動揺が走ります。

(まさかミサが間違えて・・・いや そんなはずはない)
おぉー、ミサ、結構月に信頼されてるじゃないですか!
ところで月はニアに反論しないんですね。
今模木を殺したら二代目Lへの疑惑が益々高まるだけなのに。
反論したところで疑惑を払拭しなければ、仕方ないという感じでしょうか?
でも数日待てばニアの話が嘘だとわかったのに。

「通告」はニアが捜査本部の面々に連絡先をお知らせしたことを指しているようです。

相沢はとうとう伊出に月への疑惑を話します。
それに対する伊出の答え「今も俺は月くんよりも むしろおまえと行動を共にしたいと思ってやっているんだ」
っかー、相沢と伊出、男の友情!!


◆相沢ついに・・・
身の危険を感じた月は、証拠を隠滅しようとミサへ緊急指令。
ミサにノートの所有権を放棄するよう伝えます。
ミサは流石にノートの所有権を放棄するのは不安なよう。
自分が役に立っているから、月がそばにいてくれるというのは本能的にわかってるんでしょう。
なんて健気・・・!

月は自分が疑われないよう仕向けた上で、ニアに捜査協力したい人間はするように要請。

相沢は月の言葉に押されて、ニアと連絡をとります。
・・・のっけから本名名乗っていいんですか。
そりゃ調べればわかるかもしれないけど、一応は偽名でいきましょうよ。

模木、流石に相沢と話せて嬉しそう。
流石のニアも模木のダンマリには脱帽だった様子です。

新キャラがミサから送られた指示書?を焼いている場面で次週へ!
この方は京都にお住まいのようですが、やっぱりモノローグは京都弁?
それだと和んでいいような気がするんですが・・・。
緊迫感はなくなるけど。


あなたのワンクリックが励みになります!
(拍手だけでも送れます)

テーマ:DEATH NOTE - ジャンル:アニメ・コミック

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。