r.o.p.h.

Death Note アニメ感想。 コミックス2部(page.67以降)の感想と予想(というか、思いつき?)もアリ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あなたのワンクリックが励みになります!
(拍手だけでも送れます)

DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件

今更・・・ですが、読んだので感想を。
残念だったのは画が中表紙(?)だけだったこと。
発売日に駅でデッカいLとナオミのポスターをみかけたのですが、それも同じ画でしたね。
挿絵がもっとあるかと期待していたのですが。
でも、また画伯の描いたLとナオミを見ることができて幸せです。

西尾維新を読むのは今回が初めて。
文章に癖があるといろいろなところで読んでいたのですが、普通に読みやすかったです。

小説版ナオミは映画版ナオミをコミカルにしたような印象。
間違ってもコミック版の儚げなナオミを期待してはいけません。
Lについてもいろいろ発見があります・・・が最後に思いっきりどんでん返しが。

ちなみに週間全国書店売上ランキング(2006/8/4-11)では見事総合1位を獲得していましたね。
DEATH NOTE人気、恐るべし!

◆あらすじ
担当する麻薬事件で痛恨のミスを犯した南空ナオミは、FBIを休職していた。
そんなナオミに世界の名探偵と言われるLからある殺人事件の捜査を手伝って欲しいとの依頼が舞い込む。
気が進まないながらも捜査を引き受けたナオミは、犯行現場で竜崎ルエと名乗る怪しげな探偵と出会い、ともに捜査を進めていく・・・。

以下はネタバレとなります。
【“DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件”の続きを読む】
スポンサーサイト


あなたのワンクリックが励みになります!
(拍手だけでも送れます)

テーマ:DEATH NOTE - ジャンル:アニメ・コミック

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。