r.o.p.h.

Death Note アニメ感想。 コミックス2部(page.67以降)の感想と予想(というか、思いつき?)もアリ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あなたのワンクリックが励みになります!
(拍手だけでも送れます)

Page.72 確認 予想

次号タイトル:確認
次号予告(巻末):月の新たなデスノートの使用方法とは一体!?

◆死神の目の取引をする人物
総一郎に目の取引をさせるのはあまり意味がないような気がします。
顔と名前を知られていて殺される可能性のある人物を目の持ち主にするよりも、顔もしくは名前の知られていない人物を目の持ち主にする方が勝機が増えるからです。

今の流れでいくと、次回11月10日23時59分の突入は日本捜査本部だけで行くことになりそうです。
メロは総一郎の顔と名前を知っていますから、日本捜査本部が突入してきたとわかれば、スナイダーが死んだ後でも総一郎だけを殺してしまうことは可能です。
まぁ、漢字書くのは大変だとは思いますが(漢字書くのに時間かかって捕まるとかいったら、それはそれで意外な展開? でもメロは英才教育を受けているわけだから日本語の読み書きできるのか・・・)。

突入の最中に殺されてしまえばメロの名前をみる者がいなくなり、組織を壊滅させることは難しい。
したがって、総一郎には死神の目の取引をさせないと予想します。

名前も顔も知られていない人物を目の持ち主にするという前提で考えると、候補となるのは伊出と月。
長官は相沢の名前をメロに教えていませんが、相沢は自分の名前は知られているものとして考えているので除外します。
月は絶対に自分が目の持ち主になることは回避しようとするでしょう。
ということは、伊出・・・?

死神の目の取引をした人物が突入のどさくさで死に、その時点で月がノートを持っていれば、ノートの所有者となり、名前が見えなくなっても不自然ではない・・・というのが月のシナリオだったのでしょう。

でも、冷静に考えると何も目の取引はしなくてもいいんじゃ。
大体、突入時に名前書く余裕あるんですか・・・?
ノートはすぐに回収できないかもしれませんが、突入時にメロを目撃できるのならそのときに写真を撮って、後でキラに名前をみてもらえばいいのではないか。

というわけで、誰も死神の目の取引はしないという無謀な予想をしてみました。


◆新たなデスノートの使用方法
うーん、なんでしょうね。
「2冊以上のデスノートを所有した場合、同じ人間の顔を思い浮かべて書き込めば、一冊に名前、もう一冊に死因・死の状況を書いても、その通りになる。ゆえに、一冊に死因・死の状況を書き、後からもう一冊に名前というのも有効。」
まだ使われていない上記ルールを使用した策略を考えてくるんでしょうか。


◆確認
1.ニアが大統領の死について、日本捜査本部と何か関係ないかを確認してくる。
ニアに今できるのは、情報収集のみ。
とりあえず、確認してくるというのはありかも。

2.メロが捜査本部全員の写真と名前を確認してくる。
前回の予想にも書きましたが、先の突入がキラの指示だとすれば、キラは少なくともアメリカ大統領を動かせるだけの立場にある人物または、そのような立場の人間に影響力のある人物だという推測が立ちます。
メロは突入がキラの仕業だと確信したわけではないと思いますが、調査しようするのでは。


◆メロの今後の動き
先の突入がキラの仕業だという前提にたってメロが考えている場合、メロは今後、組織を見限るでしょう。
自分がSPKにしたのと同じことをキラがするというのは予測がつきます。
それに、マフィアの活動拠点にノートがあるとは限りません。
ノートがあると思って踏み込んだら、死人ばかりでノートはなかった・・・なんてこともありそうです。


ところでルールを見返していて思ったのですが、スナイダーの眼鏡は伊達ですか?
「死神の目を持った人間は、元の視力に拘らず、人間界でいう3.6以上の視力になる。」のルールからすると、眼鏡かけているのは、かなり辛い気がします。
あれが伊達眼鏡だったら、チョット笑える・・・。

スポンサーサイト


あなたのワンクリックが励みになります!
(拍手だけでも送れます)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://roph.blog12.fc2.com/tb.php/11-a860b234
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。