r.o.p.h.

Death Note アニメ感想。 コミックス2部(page.67以降)の感想と予想(というか、思いつき?)もアリ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あなたのワンクリックが励みになります!
(拍手だけでも送れます)

DEATH NOTE Story.05 駆引 感想

極秘捜査中のレイ=ペンバーは、月に自分のことは誰にも口外しないように言い、事件現場から立ち去る。
FBI捜査官と接触したことを警察に知られたくない月は「思ったとおり」とほくそ笑むのだった。

月はノートを使った実験を繰り返し、死因や死の状況を先に書き、後から名前をその文字の前に書き込んでも有効であることを知る。
日本で潜入捜査をしている捜査官の顔写真と名前のリストを送信した上で死ぬよう書いたノートを用意し、ペンバーに上司の名前を書かせてリストをゲット。
更にペンバーに名前を書かせ、証拠を残さずにFBI捜査官全員を殺すことに成功するのだった。

捜査官が殺されたことを知ったFBIはキラ事件から手を引くことを決定。
また、Lが日本捜査本部関係者を極秘に捜査していたことが明らかになり、夜神局長ら捜査本部メンバーはLへの不信感をつのらせる。

ペンバーの婚約者・南空ナオミはペンバーから話を聞いて不審に思っていたバスジャック事件について調べ始め、キラがバスの路線を利用していた可能性に気づく。

命を懸けてキラ捜査を行う者をつのった夜神局長の元に残ったのは僅か5名。
その中からLを信用し共に捜査することを決意した夜神局長・相沢・模木・松田・宇生田が、Lと会うために帝東ホテルへと向かう・・・。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

原作page.8・9・10から。
レイ=ペンバー以外、名前も顔も知らないFBI捜査官をどうやって殺すのか?
月の優秀な頭脳が、その能力を如何なく発揮した回でした。

説明が省かれていましたが、ペンバーが12月27日PM3:00にあの地下街を通ったのは、あそこが通勤路だったわけではなく、月がデスノートを使ってペンバーの行動を操っていたからです。
ちなみに原作でのペンバーの死の状況は次のとおり。
Ray=Penber 心臓麻痺
 2003.12.27 PM3時 パソコンを持って
 新宿地下街内の喫茶店「CAFEEL」の前を
 通った後、山手線に乗車し、
 その車両から降りた3秒後死亡。

具体的に何時に死亡としていないのが、月の頭のいいところです。

FBI捜査官のファイルをゲットする方法は、ペンバーの上司をデスノートで操って送らせる映画方式に変更。
確かにこちらのほうが、スマートです。

ペンバーはナオミの意見を真剣に取り上げていれば、死ななくて済んだかも。
考えてみると、ペンバーって悠長な人ですよね。
この時点で「キラは顔がわからない人物は殺せない」といわれていますが、逆に言えば「顔がわかったら殺されるかも」という恐怖があってもいいわけです。
なのに婚約者つれてくるって、結婚が決まって浮かれすぎていたのか・・・?(笑)

楽しみにしてたナオミさんの声は、イメージしていたのより、若干年齢が上な感じでした。
個人的にはもう少し若い感じがよかったかなー。

家族会議で「悪に屈してはならない」と言い切る夜神局長。
カッコいいー!
そして「キラは僕が死刑台に送るよ」と決め台詞を残して2階へあがる月。
白々しー・・・。


◆今週の面白!
最早アニメの面白でなくなっているこのコーナー。
アニメはシリアス路線だって知らなかったし・・・。
来週あたり、こっそりなくなってるかもしれません。
05
白目をむいて、熱演・・・やっぱり面白じゃなくて、怖!


◆次週「綻び」
いよいよLの登場!
そして、南空ナオミは月に辿り着けるのか!?


最後になってしまいましたが、拍手ありがとうございます!
励みになってます。
スポンサーサイト


あなたのワンクリックが励みになります!
(拍手だけでも送れます)

テーマ:DEATH NOTE - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://roph.blog12.fc2.com/tb.php/112-33a25c1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アニメ『DEATH NOTE(デスノート)』第5話『駆引』 レイ死ぬの早いよっ

 あ、前半15分でレイ死んじゃった。  ……月、手際よすぎっ! ストーリー展開早...

  • 2006/11/15(水) 18:17:59 |
  • そふとうぃんどかふぇ ぐだぐだブログ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。