r.o.p.h.

Death Note アニメ感想。 コミックス2部(page.67以降)の感想と予想(というか、思いつき?)もアリ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あなたのワンクリックが励みになります!
(拍手だけでも送れます)

DEATH NOTE Story.06 綻び 感想

ついに捜査員の前に姿を現したL。
その容貌に「身代わりではないか」と不安を抱く夜神局長だが、彼の推理を聞き、L本人であることを確信する。

一方、父の着替えを届けるために警察庁へ行った月は、そこで間木照子と名乗る女性に出会う。
父がキラ事件を担当する本部長であることを明かし彼女の信頼を得た月は、彼女の推理が自分の行動の綻びを突くものであることを知り、運がいいとほくそ笑むのだった。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

今回は原作のPage.11・12の2話分。
「綻び」の題名どおり月の行動に穴があることが発覚した回ですが、残念ながら絵にも綻びが・・・(泣)
L初登場の回なので、一回目レベルの作画だと嬉しかったなぁ・・・。

山口声には慣れていたのに、顔が出てくるとまた違和感が。
松ケンLの印象が強すぎたせいもあるかも。

FBI捜査官が日本入りしたのが12/14。
キラのテストが始まったのが12/19。
つまりキラは12/14-19までの間にFBIの尾行に気づき手を打たねばならなかった。
だからその間にFBIが尾行していた人物の中にキラがいる、というLの推理は鮮やか。
月はレイ=ペンバーの名前を知ってからノートに名前を書くのを一週間控えたわけですが、何の意味もなかったということですね。

◆今回の面白!
06

やはりここでしょう。
こういうシーンは今までカットされることが多かったので、嬉しい。


◆次回「曇天」
「新生」→「対決」→「取引」→「追跡」→「駆引」→「綻び」
今までは内容を反映したタイトルでしたが、次回はほぼ無関係。
ネタバレは避けたい・・・というところか。


拍手ありがとうございます。
とうとう感想が一週遅れになってしまいましたが、頑張ります・・・。
スポンサーサイト


あなたのワンクリックが励みになります!
(拍手だけでも送れます)

テーマ:DEATH NOTE - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://roph.blog12.fc2.com/tb.php/114-0760c05e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。