r.o.p.h.

Death Note アニメ感想。 コミックス2部(page.67以降)の感想と予想(というか、思いつき?)もアリ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あなたのワンクリックが励みになります!
(拍手だけでも送れます)

Page.79 白々 予想

次号タイトル:白々
次号予告:メロの模木への要求は!?


◆白々
いつも単語の意味が曖昧な時に頼りにしているinfoseekの国語辞典。
「白々」で検索したところ、「大辞林(国語辞典)内に該当する項目が見つかりませんでした。」とのお答えが。
有り得ない!と思ったら「白白」でヒットしました。
かなり無理矢理なタイトルです。
大場さんは絶対、ディック・フランシスが好きだと思う。
で、「白々」の意味。

1.しらじらしいさま。
2.だんだん明るくなっていくさま。夜のしだいに明けるさま。しらじら。
3.いかにも白く見えるさま。

1.の場合は、誰かがとっても白々しいんでしょうね。月は常に白々しいので、演技の下手そうな模木が白々しい台詞を吐く?

2.の場合、メロと接触した模木が帰ってくるのを夜明けの頃まで皆が待っていた・・・なんてのはどうでしょう。

3.の場合は、ニアは髪も服も白っぽいから、ニアのことを指している・・・?

1.の意味では当たり前すぎるので、2.か3.でお願いします。


◆次回のニア
月が副大統領に頼んでいたSPKの元捜査員の調査は空振りになるのではないかと前回の予想に書いたのですが、逆にニアはSPK捜査員を囮にしてキラを捕まえようとするかもしれませんね。
が、次回ニアはメロと月の動向を観察できるので、囮捜査はもう少し先になりそうです。

メロや月の動きを見て、それに対して考察を加えるのがニアの基本形。
この捜査方法の欠点は、犯人側に動きがなければ推理材料は増えず、なかなか真相に辿り着くことができない点です。
ニア一人だけでは月をここまで追い詰めることはできなかったでしょう。
そういった意味で、ニアとメロはいいコンビです。
ニアが捜査スタイルを変えるとも思えないので、次回はメロと月の動きを観察するだけで終わるのではないでしょうか。


◆月の策
「どんな事があっても模木さんを助け出しメロを捕まえます」
メロおびき出し作戦では、メロと模木が接触するようです。
模木がメロに「実は私もLが怪しいと思っているんだ」と言わせて、模木にメロのスパイをさせるとか?
模木の演技は白々しく、メロは簡単に演技を見破り・・・どうなる模木!!みたいな感じで次週へ!!
・・・すみません、妄想に走ってしまいました。


◆メロの要求
何かを要求するには取引材料が必要だと思うのですが、メロの手元にはそんなものはありません。
捜査本部が自分を捕まえたいと考えていることを利用して、自分自身を取引材料にするのか。
メロもやっぱり、模木と捜査したいと申し出てくるのか・・・。
・・・発想が貧困だー。
スポンサーサイト


あなたのワンクリックが励みになります!
(拍手だけでも送れます)

テーマ:DEATH NOTE - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://roph.blog12.fc2.com/tb.php/28-6f33b400
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。