r.o.p.h.

Death Note アニメ感想。 コミックス2部(page.67以降)の感想と予想(というか、思いつき?)もアリ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あなたのワンクリックが励みになります!
(拍手だけでも送れます)

page.86 日本 予想

いやー、予想の項目が多すぎて答え合わせだけで火曜日は力尽きてしまいました。
ちょっと風呂敷を広げすぎました(^_^;ゞ

◆予想の答え合わせ
★魅上の動き

いじめられっ子をいつも庇っていた魅上くん。
キラが動けない状況にあることを推測していたので、絶対に助けに向かうと思っていたのですが、自分より上の立場にある人に対してはあまり保護意識が働かないようです。
長期的にはどう転ぶかわかりませんが、今回はハズレでした(泣)

★月の動き
特に動きなしということで、当たり。
これは流れ的に当たり前なので、当たってもあまり嬉しくない・・・。

★ニアの動き
特に動きがないという点は○。
出目川の死について何かコメントするというのは×。
現在のキラが、前とは別人だというのを推測するというのは合っていましたが、裁きの基準が違うからというわけではなく、相沢・模木が帰った後にも殺人が続いていることから推理していました。△という感じ?
ちなみに清楚高田はレスターの捜査上に浮かぶと予想していましたが、アナウンサーとしての登場でした。

★相沢・模木・伊出の動き
ミサへの監視は既に終わっていると思ったのですが、5日経ってもまだ監視してましたね。ハズレ。
ノート保管についても特に対処している様子はないようです。

★メロ・マットの動き
マットがミサに接触する、メロが「月=キラ」にたどり着く、どちらもハズレ。
メロはミサが「いくらライトがミサを愛してて」云々という台詞を聞いていますが、「ライト=キラ」と認識しているのでしょうか?
ハルからキラ容疑者と第二のキラ容疑者は恋人同士の関係だったということは聞いていないんですかね。
頑張れー、メロ(毎回このフレーズ言っている気がする)

★ミサの動き
特に動きがありませんでした。×。

★月から魅上に伝えたこと
特に描写なし。

★当選
ハズレ。
タイトルで当たったことって一度もないんじゃ・・・orz


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

次号タイトル:日本
次号予告:なし


しばらく魅上の活躍が続きそうなデスノート。
予告もないし。予想するの難しいです・・・。

◆マットとメロの関係
→マットはワイミーズハウスの一員だった

「page.83 削除」の時に予想にいれるのを忘れていました。
マットの口ぶりから、マットとメロは対等の関係にある様子。
またpage.83でミサのことを「俺がこう言うのもなんだが」と言っていたのは、「ミサがLの敵と知っている俺が、その敵を褒めるようなことを言うのもなんだが」という意味にとれなくもない。
まぁ、単に女性の好みにうるさいだけかもしれませんが。


◆キャラごとの動き
とりあえず、大きな動きのありそうな魅上だけ。

★魅上
→教育改革を行う

印象に過ぎませんが、JUMPの主人公であるために月が実行できないことをさせるために、魅上は登場したのではないかと思っています。
月は、Lや父など長く登場したキャラにたいして直に手を下すということがありませんでした。
なんとなく不自然な感じがしませんでしたか・・・?
というわけで、主人公でない魅上になら何をさせてもOK!ということで登場したのではないかと思えてしまうんです。
おそらく魅上は「キラの教え」と称して社会に対し様々な改革を強いると思うのですが、まず最初に手をつけるのは教育改革なんじゃないでしょうか。
あれだけイジメを受けていて、それに対する対策を行わないはずがない!
魅上はお笑い番組も嫌いそうですから、そういう番組の中止!なんてこともあるかも?
・・・でも、教育改革のことなんて描写してもつまらないと思うので、この予想はハズレる確立が限りなく100に近いと思いますが。


◆日本
1.捜査本部が日本に帰国する方針を立てる、または実際に帰国する

世界情勢は警察によるキラ捜査を許さなくなっており、Lの支援者も少なくなってきている今、捜査本部には金銭的余裕はないはず。
また、捜査本部は以前に「出目川を確保する」という方針を打ち出しましたが、信者に阻まれて出目川に接触するのも難しい状況でした。
月は高田と知り合いだったわけですから、昔のよしみでコンタクトを取ることも可能です。
相沢達を牽制するために、一応Lとしての動きもしなければなりませんしね。
また、高田を利用して魅上とコンタクトをとることもありか?
というわけで、高田と会うために日本に帰ることが充分に考えられます。

2.魅上が日本を自分の理想の方向へ変えていく
これは上の魅上の動きとリンクしています。
世界の支配者とはいっても、とりあえず取っ掛かりは日本から様々な制度を変えていくということで。
スポンサーサイト


あなたのワンクリックが励みになります!
(拍手だけでも送れます)

テーマ:DEATH NOTE - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://roph.blog12.fc2.com/tb.php/43-49186f6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。