r.o.p.h.

Death Note アニメ感想。 コミックス2部(page.67以降)の感想と予想(というか、思いつき?)もアリ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あなたのワンクリックが励みになります!
(拍手だけでも送れます)

DEATH NOTE page.91 停止 感想

◆今日の高田様
さくらTVの「キラ王国」後番組、「今日の高田様」
絶対、さくらテレビで遊んでますよね(笑)

番組では新たに選ばれた女性ボディーガードを紹介。
何とその中にはリドナーの姿がありました。
リドナー勇気ありますねー。
彼女がここまで命をかける理由って何でしょう?
実はLのことが好きだったとか・・・(妄想中)

さて、リドナーに気づいた相沢ですが、月には話さないことにしたようです。
月はすぐにリドナーがSPKメンバーであると看破しますが、予定通り放置しておくことに。
一方、ニアは世界中のニュース番組を視聴し、自分がキラだったら出目川の次に誰を代弁者にするかを考え中。
あのたくさんのモニターは何の意味があるのか不思議だったのですが、ニアには一度に複数の画像と音声を認識できるという聖徳太子のような特技があったようです。


◆高田とミサ、対決?!
ミサと高田はNHNで遭遇。
月はミサには「捜査の為にやむを得ず」と言い訳しているようです。
不満ながらも納得していたミサでしたが、高田が馬鹿にしたように笑ったのをみて、ぶち切れます。
蹴りを入れようと模木の制止も聞かずに飛び出し、リドナーに阻止されました。
リドナーとミサの接触は今後物語に影響を与えることになるんでしょうか?


◆ニアの推理
ニアの推理は、

・高田を選んだのは、LキラではなくXキラ。

・キラが高田を選んだのは高田がキラ崇拝者であることをキラが知っていたから。

というもの。
高田がキラ崇拝者だと知っている人物だということで、高田の身辺をレスターとジェバンニが探り、ニアは高田の出演した番組をすべてチェックすることになります。

チェックの過程でニアは魅上に注目。
キラ王国で魅上が月に断りをいれた場面が決定的な要因となり、ニアの中で魅上=Xキラという推理ができあがりました。
いつも言っていることですが・・・展開、早っ!
モニターを見たまま固まって考えているニアの顔、赤丸ジャンプの表紙の頃とはまったくの別人。
随分幼い印象を受けます。
メロと同い年だと勝手に思っていましたが、実際はニアって何歳なんでしょうね。

今回、どこらへんが停止なのか、よくわかりませんでした。
リドナーがミサを止めたところ?
どちらかというと「阻止」ですよね・・・。
ニアがレスター達に高田の身辺を探るのを止めさせたところ?
それは「中止」という感じがしますが。
それともニアが固まって考えてたところ?<わかりづらいって!
いつもにも増してわかりづらいタイトルのつけ方・・・(泣)。
どなたか教えて下さい!
スポンサーサイト


あなたのワンクリックが励みになります!
(拍手だけでも送れます)

テーマ:DEATH NOTE - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://roph.blog12.fc2.com/tb.php/55-035b7084
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。