r.o.p.h.

Death Note アニメ感想。 コミックス2部(page.67以降)の感想と予想(というか、思いつき?)もアリ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あなたのワンクリックが励みになります!
(拍手だけでも送れます)

DEATH NOTE page.94 外 感想

10巻の表紙は月・メロ・ニアの三人だそうですが、最近メロ、出番がありませんね・・・。
メロー、カムバック!

◆ニアの指示とは
魅上の独り言と、彼の部屋のセキュリティの厳重なことから、死神が魅上についていないと考えるニア。
死神が2匹(?)存在するという前提は誤っていますが、高田の連絡役はフェイクではないというところまで推理してきました。

そしてニアの指示はノートに触ること。
なるほど・・・! やっぱりニアは冴えてます。
ノートに触れば死神が見えるわけですから、死神が魅上に憑いていないかどうかを確認するのにはうってつけです。
ノートに触ることで死神が見えるというのは、相沢から聞いたのでしょう。
もちろん、ノートを触る人間は死神に見つかって殺される恐れがあります。
ニアに指名されてしまい、絶句しているジェバンニが哀れ・・・。
しかし、問題なのは魅上が持っているノートが偽物であること(本物の可能性もありますが)。
偽物に触ったところで、死神を見ることはできません。
実際に魅上にリュークは憑いていないようですが、ニアの想定しているシナリオに問題が出てくる可能性もあります。


◆相沢の苦悩
日本捜査本部でただ一人、月への疑惑を拭えない相沢。
月と高田が筆談している可能性を念頭において、ホテル備え付けのメモ用紙にこっそり印をつけたところ、4つのメモ用紙のうち2つが新しいものに替えられているいることが判明しました。
月がキラであることを確信した相沢はニアに電話をかけ、筆談メモを手に入れる方法について相談しますが、ニアに「余計な事はしないでください」と一刀両断にされてしまいます。
キラを止めるには証拠をあげるだけでは駄目、「キラの完全なる負けを目の前に突きつけるしかないんです」と言うニア。
ニア・・・もう少し相沢の気持ちを考えた言い方をしてあげてください(無理か)。
ニアに協力するつもりであれば、何もせずにキラの最後を見届けてほしいという要望を無念の面持ちで聞く相沢。
キラが捕まるためなら・・・と、ただ見張るだけの役を受け入れた様子です。
この後、また公園で黄昏てないといいのですが・・・。
スポンサーサイト


あなたのワンクリックが励みになります!
(拍手だけでも送れます)

テーマ:DEATH NOTE - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://roph.blog12.fc2.com/tb.php/65-f386bdb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。