r.o.p.h.

Death Note アニメ感想。 コミックス2部(page.67以降)の感想と予想(というか、思いつき?)もアリ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あなたのワンクリックが励みになります!
(拍手だけでも送れます)

DEATH NOTE page.96 一方 予想

◆予想の答え合わせ
★納得

感想にも書いたけど納得づくしの今回。
しかし、アタリなし。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

次号タイトル:一方
次号予告:さらわれたミサに対し高田の反応は!?


◆高田の反応
→ノートでミサを殺すかどうかについて少し葛藤する?

Page.87でキラの法として「能力ある人間がその能力を社会貢献に生かさず無駄に生きることを許しません」というのがありましたが、紅白ドタキャンというのはこれにあたると言えなくもない。
高田にとってミサを殺す絶好のチャンスのように思えます。
しかし、ミサが軟禁されたことは遅かれ早かれ判明します。
となると悪いのはSPKでミサには責任がないということになり、ミサを殺すのは少し早計すぎることになります。
高田も馬鹿ではない(月談)ので、少々の葛藤の後、あきらめるという反応をみせると予想してみました。
それに月は魅上に裁きの対象の修正を求めたようですし、会社員Aさんで婚約発表をするというのを高田が月から聞いてないとは思えないので、「弥とはやむを得ず付き合った」という月の言い訳を高田はとりあえず信じていると考えられます。
紅白にミサが出なかったことで高田の自尊心がミサを殺したいと思うほど傷つくとも思えません。
どちらかといえば、月の不利になるからと高田が余計な気を回して月やニアのシナリオにないことをしてくれる方が面白い。


◆一方
Infoseek 大辞林国語辞典の用例を真似て予想をしようとしたのですが、難しい・・・。
(1)一つの方向。
「高田とミサの月への思いは一方通行である」
→・・・予想というより、事実ですね。

(2)一つの方面。ある方面。
「高田は自業自得だが、一方から考えると気の毒でもある」
→用例に主語をつけただけ。うまい用例思いつきませんでした。

(3)いくつかのもの(多くは二つ)のうちの一つ。片方。
「ニアは二つのシナリオを完成させていた。一つは魅上に死神がついていない場合のシナリオで、もう一方は死神が憑いている場合のシナリオだった。」
→えー、これも現状の説明になってしまいました。

(4)もっぱらその傾向にあること、一つの方向・方面にかたよっていることの意を表す。
「まじめ一方の伊出がミサに恋をした」
→あり得ない。でも今回、松田よりも伊出のほうがミサ軟禁を聞いたときの反応が大きいようにみえます。
 これはもしかすると・・・?(ナイナイ)

(5)あることと並行して別のことが行われること。…しつつ他方では。
「仕事に励む一方、遊びにも精を出す」
→用例そのまま。松田のこと?

(6)接続詞的に用いて、もう一つの側では。他方。
「ニアがシナリオを固める一方、メロに動きはまったくない」
→メロ、来週も出てこないんでしょうね。

内容は別にして(6)の意味で使われる可能性が一番高いのではないかと思います。
スポンサーサイト


あなたのワンクリックが励みになります!
(拍手だけでも送れます)

テーマ:DEATH NOTE - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://roph.blog12.fc2.com/tb.php/68-e529c011
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。