r.o.p.h.

Death Note アニメ感想。 コミックス2部(page.67以降)の感想と予想(というか、思いつき?)もアリ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あなたのワンクリックが励みになります!
(拍手だけでも送れます)

DEATH NOTE page.97 色々 予想

◆予想の答え合わせ
★高田の反応

高様はミサがSPKに何かを喋るのではないかとヒヤヒヤしている様子。
月に止められなければ今頃はミサは亡き者になっていたかも。
ハズレ。

★一方
用法自体は当たっていたのですが。
メロとマットの描写は、やはりなかったですね。
残念。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

次号タイトル:色々
次号予告:デスノートを観察したニアの取った行動は!?


◆ニアの行動
→月と会う日取りを決める

魅上の書いたノートを見て「これならいけます」とニアがのたまわったのは、何かを発見したからだと思われます。
ニアはノートの写真を撮る動機として次の項目をあげています。
・魅上はノートに実際にどう書いているのか
・書き込みに規則性があるのか
・ノートはどういう外見をしているのか

実際に確認できた事柄は次のとおりです。
・ノートへの書き込みは、隙間なく名前のみを羅列。
・書き込みは一日一ページ。
・出目川などの裁きがその場で目撃された人物以外は0時過ぎに名前を書き込んでいる。

ニアはPage.94で「シナリオはほぼできています」と言っていますが、おそらく最後まで課題として残っていたのがデスノートに名前を書かれることによる死。
以前にもどうやったらノートによる死を回避することができるか予想したことがあるのですが、その時に思いついたのは、魅上のノートを名前を書かれる直前に偽物にすり替えるということでした。
今回、魅上の書き込みは1日1ページであるということが判明したので、この予想を一歩進めて月と会う前日にノートの空白部分を1ページだけ残して後は偽物にすり替えるのではないかと予想してみました。
イレギュラーなことがない限り1日のノートの消費量は決まっているわけですから、月と会う前日にその夜に裁きをする1ページ分だけ本物を残して後は偽物にしてしまえば、偽者の部分に名前を書かれても死ぬことはありません。
(そんなに簡単にすり替えられるのかという疑問は脇に置いておきます。)
・・・100ドル札を撒いてくれたニアですから、もっと大胆で納得のいく策を思いついていると思うのですが、とりあえず考え付いたのはこのくらいでした。

で、シナリオも完璧になったわけだし、ニアは月との対決の日取りを決めようとするのではないかと予想したわけです。


◆色々
普通に、ニアが「色々と考えた結果・・・」みたいな文脈で使うのではないかなと。
スポンサーサイト


あなたのワンクリックが励みになります!
(拍手だけでも送れます)

テーマ:DEATH NOTE - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://roph.blog12.fc2.com/tb.php/70-4cfb7727
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。