r.o.p.h.

Death Note アニメ感想。 コミックス2部(page.67以降)の感想と予想(というか、思いつき?)もアリ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あなたのワンクリックが励みになります!
(拍手だけでも送れます)

DEATH NOTE page.100 対面 予想

昨日の感想で高田が怖さのあまりに震えてると思っていたんですが、冷静になって読んでみたら寒さのあまり震えていただけかも。
どっちにしろ、かわいそうなことに変わりはないのですけれどもね。

◆予想の答え合わせ
★高田の運命

「(メロが)キラ=月の証人として一応、生かしておく」と予想しましたが、思いっきりはずしました。
というか、こんな残酷な運命だとは。はぁ。

★二人
ハズレ。
ニアの「L 私達は二人の行方を全力で追います」の台詞から。
つまり、メロと高田の二人を指していました。
マットの存在の意味って・・・!

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

次号タイトル:対面
次号予告:メロがいなくなり、残るはニア!!


◆対面
→ニア陣営と月陣営の対面を指す

これはもう、順当に。
それとも今回の続きで月とリドナーの対面か?


◆月のシナリオ
以前のシナリオ予想ではニアがどうやったら月を凌駕できるかということに重点を置いて予想していたので、今回はどうやったら月がニア達を殺せるのかを、まず考えてみました。

ニアを含めた全員を殺すには魅上の目がどうしても必要です。
魅上にニアの顔を見せる方法については、とりあえず置いておきます。
問題は魅上が大黒埠頭YB倉庫に集まった人間をみて、殺すべきでない人間は誰かということをどうやって判断するかです。
page.88で月は魅上に対し、「いいか 清美に僕が誰なのか聞く様な事は一切許さない」と言っています。
また、魅上はニアの顔を知りません(高田から魅上にニアの似顔絵が渡っている可能性も考えられなくはないですが、高田と月が密会していたホテルの部屋にコピー機でもない限り、難しいように思えます)。
とすれば、魅上が月を他人と区別できる方法はただ一つ。
死神の目で寿命の見えない人間=ノートの所有者を知る方法です。
月は「その場に集まった人間の中で寿命の見えない者以外は殺してもよい」という指示を出しているのではないでしょうか。
月としては魅上に名前と顔を知られたくはないでしょうが、月自身が魅上の名前と顔を知っているのですから最悪の場合、先に殺してしまえばいいことです。

まとめると

何らかの方法で大黒埠頭YB倉庫に集まった人間達を魅上に見せ、魅上はその場に集まった人間の中で寿命の見えない者以外をノートで殺す

のが月のシナリオではないかと予想しました。

ちなみにノートをめぐって色々していたのは、魅上の持っているノートを本物だと思わせておいて、魅上の持っているノート(実は偽物)をニアの作ったノートの偽物とすり替えてもよいように対策をとっていただけではないですかね。


◆ニアのシナリオ
では、これに対抗するニアの策とはいったいなんでしょう。

殺人ノートに名前を書かせた上でそこを押さえます」(page.90)と言っていたとおり、月がノートに名前を書くところをニアは証拠としなければなりません。
しかも本物のノートに書かなければ意味がないんです。
ただ、ニアとしては自分の名前を書かれては困ります。
だとすれば、月に他人の名前を書かせればいいじゃないですか。
というわけで思いついたのが次のシナリオ。

ニアは月に捜査本部内にあるノートの所有権を放棄するよう言う。
月が所有権を放棄した場合、記憶がなくなる以外に、魅上に殺されてしまう可能性も出てくる。
月はこの段階でニアの名前を知らないので書けない。
つまり月は自分が生き残るために、魅上が自分の顔を見る前に、魅上の名前をノートに書かなければならなくなる。


この場合、ジェバンニを使ってニアがノートに仕掛けを施しているように見えたのは、月の策に乗っているとみせかけるためだった・・・と考えられます。

「その場に集まった人間の中で寿命の見えない者以外は殺してもよい」という指示を月がしたとして、ニアはそのことを推測可能でしょうか。
「ノートを所有する人間の寿命は見えない」というルールをニアが知らないのではないか、という反論がありそうです。
しかし、相沢や模木はpage.72で月が「ノートの所有権を持った人間だけは名前しか見えない」と言うのを聞いています。
また、page.74で夜神総一郎が死ぬとき「ノートを所有する人間の寿命は見えない」と言っています。
ニアが相沢や模木からこのことを聞いている可能性は大です。

「月が魅上に名前を教えている可能性」と「月が魅上に名前を教えていない可能性」を比較した場合、月の用心深さを考えると「月が魅上に名前を教えていない可能性」のほうが高いという結論にニアは達するのではないかと思うのですが。

ちょっと強引かもしれませんが、上記を持って「その場に集まった人間の中で寿命の見えない者以外は殺してもよい」という指示を月がしたとして、ニアはそのことを推測できたのではないかと考えました。


◆上記シナリオの問題点
基本的にニア勝利の方向でどうしても考えてしまっているところ(すみません、今週の展開読んだらどうしてもニアに勝ってもらいたくて)。
それに月がニアの人相書き等(銀髪巻き毛で、名前がNから始まって・・・)を伝えていたら、今までの予想はパーです。
あと、魅上にニアの顔を見せる方法が、犯罪者をノートで操って突入させるくらいしか思いつきません。
もっとスマートな方法を望みます。(って偉そう)
スポンサーサイト


あなたのワンクリックが励みになります!
(拍手だけでも送れます)

テーマ:DEATH NOTE - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://roph.blog12.fc2.com/tb.php/76-a80f53aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。