r.o.p.h.

Death Note アニメ感想。 コミックス2部(page.67以降)の感想と予想(というか、思いつき?)もアリ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あなたのワンクリックが励みになります!
(拍手だけでも送れます)

DEATH NOTE page.107 幕 感想

拍手ありがとうございます。
短くても感想いただけると非常に嬉しいです。
もちろん、押していただけるだけでも感謝!

◆月、逆転?!
誰かこいつらを殺せーっ」と半狂乱の月。
ここまで正気を失うほど捕まるのが嫌というのも凄いな。

月は這って相沢たちから逃れようとし、リュークの足元に自分がいることに気づきます。
こいつらの名前をおまえが書くんだ」とリュークに命じる月。
絶対無理だろー。リュークは傍観者なんですから。

しかし、そんなことは知らない日本捜査本部やSPKの面々には緊張が走ります。
ニアはリュークがノートに名前を書くような死神であれば、最初から月がリュークに名前を書かせればいいだけの話なので、リュークはそんなことはしないと冷静に分析します。
めげずに「もうおまえしかいないんだ 書いてくれ!!」と叫ぶ月。
と、リュークは「ああ・・・・書こう」とノートとペン(?)を取り出しました。
え!まさか、これで月逆転ですか?!

動揺する日本捜査本部の面々。
ニアも(読み違えたか・・・)といった表情です。
リューク」と血だらけの顔に歓喜の表情を浮かべる月。

名前を書き出すリュークに向かって、「止めろ」相沢と伊出が拳銃を乱射しますが、弾丸はリュークを素通り。
月は「ざぁまぁーみろ ニア」と勝ち誇ります。
本当に子供ですな。


◆死神の裁き
しかし、リュークはそんなに甘くなかった。
いや 死ぬのはライト おまえだ」と月にとっては思いがけない答えが!
リュークは月の名前を書いていたのでした!!
死にたくない」とリュークに縋る月。
しかしリュークは「牢獄に入れられたんじゃいつ死ぬかわからない 待っているのも面倒だ もうおまえは終わりだ ここで死ね」と何ともアッサリと月に死刑宣告します。
今まで月の迫力に押されるような弱気な所もあったのに、流石は死神。
血も涙もありゃしません。
リュークにとって所詮、月は退屈しのぎの玩具に過ぎなかったようですね。

リュークに死刑宣告された月を見て、同情する松田。
さっきまで自分が月を殺そうとしてたのに。
安易ですが、いかにも松田らしい反応です。

死ぬ あと数秒で いやだ死にたくない)と絶望する月の脳裏に、リュークと出合ったころ交わした「デスノートを使った人間が天国や地獄に行けると思うな」という会話が蘇ります。
天国へも地獄へも行けない・・・それだけでわかったよリューク
ん? 何がだ?
単に天国も地獄もないって事だろ?
このコマの月の無邪気な顔・・・!
何か、胸を衝かれる思いがしました。

ああ おまえの言う通り 天国も地獄もない 生前何をしようが死んだ奴のいくところは同じ 死は平等だ
あれ?
総一郎が死んだときに「総一郎は天国にいけたから幸せだ」みたいなこと言ってたのに。
今回のリュークの言葉が真実なのだとすれば、あれは文字通りの天国ということではなく、「死ぬ」ことを「天国へ行く」と表現しただけということなんでしょうね。
死んだ後に行くところは無」という今回のラストの言葉。
日本ではあまり珍しい死生観ではないように思います。
けれど、今の日本には「死んでも生き返ってやり直せる」と思っている子供が増えつつあるのだとか。
http://www.mainichi.co.jp/life/kyoiku/edumail/archive/data/200501/28-01.html
もしかするとジャンプ購読者層には「地獄に行く」とか「転生して罪を償う」とかよりも、怖い結末なのかも。
死んだらやり直せないのですから。

月の辞世の言葉は「ちくしょう」・・・。
なんとも哀れな最後でした。
スポンサーサイト


あなたのワンクリックが励みになります!
(拍手だけでも送れます)

テーマ:DEATH NOTE - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

本永さま、こんばんは。いつもレスをありがとうございます。
ついに…月の最期ですね。月のことは、まあ仕方がないかとも思うのですが、松田さんがかわいそうでした。彼には共感できます。月に思わず同情する彼に私はむしろ好感を持ちました。彼にはいつまでもそんな風であってほしいです。それにしても、松田さんは月には同情していたようですが、キラのことは完全に否定していたのでしょうか?出来れば私はそれが知りたかったですね。
ところで、11巻、買いましたよ。やはり魅上さんはかっこいいです。表紙は眼鏡をかけたスーツ姿の彼とリュークです。魅上さんはちょっと地味な感じですね。本当は眼鏡をはずしたキラモードの魅上さんが表紙の方がよかったですよ。電車の中で痴漢を削除するふりをするシーンが最高にかっこいいですw
では、いつもありがとうございます。

  • 2006/05/09(火) 19:17:56 |
  • URL |
  • ナナミ #-
  • [ 編集]

ナナミさん、こんばんわ。
>月の最期ですね。
まさか主人公が死ぬとは思っていなかったので、少々驚きました。
が、個人的には納得いく結末でした。

ところで私も11巻、買いましたよ。
魅上のクールな魅力、全開!ですよね。
本誌の魅上は偽物なんじゃないでしょうか(笑)。
それではいつもありがとうございます。

  • 2006/05/09(火) 23:25:12 |
  • URL |
  • 本永 #P5gM/qUw
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://roph.blog12.fc2.com/tb.php/93-2a87802d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。