r.o.p.h.

Death Note アニメ感想。 コミックス2部(page.67以降)の感想と予想(というか、思いつき?)もアリ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あなたのワンクリックが励みになります!
(拍手だけでも送れます)

DEATH NOTE page.108 完 予想

◆予想の答え合わせ
★幕

無難に最終回と予想しましたが、まだ最終回ではありませんでした。
月の死によって、キラとLとの闘いの終幕が訪れたということだったようです。

★理想の結末
月が拘束されたまま自覚のない罪の意識にさいなまれると予想しましたが、思いっきりハズレ。
っていうか、リュークが物語に介入する可能性があることをすっかり忘れていました。
連載当初から理想の結末を持っていたのだから、page.1にヒントがあるとは思っていたのですが・・・。
最後まで満足いく予想ができなかった。
ちくしょう・・・(by 月)

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

次号タイトル:完
次号予告(巻末予告):キラ事件決着!!その後の世界はどうなった?!


◆完
→デスノート最終回。

これ以外、ありえないでしょう。


◆その後の世界
何年後の世界の描写が描かれるのかわかりませんが、キラの存在を人々が忘れていき、徐々に秩序を取り戻していった・・・みたいな展開では。


◆これは描いてもらいたい!
ここからは予想ではなく、最終回ならこれを描いてほしい!という願望を挙げていきます。(いつも願望を書いているんだから、いつもと同じか)
  1. 魅上・ミサの処遇
    やはり、監禁されてしまうのでしょうか。
    でもミサは記憶ないですからね・・・。
    ニアは夜神月という元を断ったことで良しとしそうな気もしますが。
    とりあえず、彼らがどうなったかが知りたいです。

  2. その後の夜神家
    これは是非とも描いてもらいたい。
    だって父親と息子がほとんど間をおかず死んでしまったんですよ!
    幸子と粧裕はどうやってそれを乗り越えたんでしょう?
    でも、総一郎の葬式は描かれなかったし、描写するとなると結構ページを取りそうな気がします。
    スルーされる可能性大だな。

  3. ニアのその後
    正式にLを名乗り、難事件を次々と解決していっている・・・なんて描写が一言でもあるといいですね。

  4. 日本捜査本部メンバーのその後
    彼らは警察に復帰するんでしょうか?
    それとも、ニアと組むとか。
    松田なんか結構、嬉しげに(ニアに馬鹿にされながら)働きそうな気がします。

  5. Lの本名
    ニアが持っているのは元レムノート。
    ということは、Lの名前が書かれたまま残っている可能性があります。
    是非ともLの本名が知りたいですねー。
    ニアがノートを焼く瞬間に、Lの名前が書かれたページが風に煽られて見えたりするわけですよ。
    リュークは次第に見えなくなっていきます。
    それをじっと見つめるニア。
    今までの場面が走馬灯のように・・・。
    ・・・すいません、妄想が過ぎました。

    (2006/5/16追記)
    完璧、私の妄想でした!(汗)
    ニアが持っているのはジェラスノートだというご指摘を拍手でいただきました。
    ご指摘ありがとうございました!

  6. ノートの処分方法
    ニアがノートをどういうふうに処分するかによって、人間界に第二(正確には第四?)のキラが現れるかどうかが決まってきます。
    ニアが最終的にノートを抹消したのか、それとも保管することにしたのか、それが知りたいです。

    ノートの処分という側面から次回予想をしてみると・・・。
    月が死んだことにより、日本捜査本部にあったノートは相沢の所有となっています。
    魅上ノートも最終的にはニア側の物になると考えてよいでしょう。
    ニアはノートは人間界からなくしてしまったほうがいいというスタンスです。
    一方、リュークはデスノートを使って人間界で遊びたいと考えています。
    元々、リュークはシドウのデスノートを死神大王を騙すことで手に入れました。
    遊び用のデスノートはそう簡単に手に入れられるものではないと考えていいでしょう。
    だとすれば、ニアやあの場にいる人間達に所有権が移るのはつまらない、とリュークは考えるのではないでしょうか。
    ニアはノートを厳重に保管するだけで使う気はないようですし、SPKメンバーや日本捜査本部メンバーも同様でしょう。
    強いて言えば松田は使う可能性がありますが、リューク自身が松田を「冴えない」とあまり気に入っていなかった描写がありました。
    魅上は喜んで使うと思われますが、リュークが魅上の裁きを見て面白いと思うかどうかは微妙です。
    11巻で明らかになった「死神が人間界にデスノートを持ち込み人間に所有権を与えたものの、その人間が気に入らない等の理由から、その人間を自分のノートで殺すことは一向に構わない」というルール。
    もしかして、このルールが適用されてYB倉庫に居る人間すべて皆殺し、リュークが「二冊ノートが手に入った。また楽しめそうだ」となって終わりなんてこともあったりして。

    しかし自分で書いといてなんですが、この展開は全く救いがないので個人的にはやってほしくないです。
    非常にデスノートらしい終わり方かもしれませんが。

    リュークが一冊だけノートを回収して、「もう一冊のノートの行方を捜してみろ」とニアたちに挑戦するんだったら面白いかも。

1.、3.、4.くらいは普通に描かれていそう。
できれば5.を描いてほしい・・・!
来週も楽しみです。
スポンサーサイト


あなたのワンクリックが励みになります!
(拍手だけでも送れます)

テーマ:DEATH NOTE - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

はじめまして!
私は連載は読まず、コミックスを集めて読んでいますが、連載の様子が気になり、こちらを時々覗かせてもらってました(笑)
内容を知っても、漫画で読むとまた違うと思うので。

小畑先生はデビューした頃からファンなんですが、次週で最終回だと、また連載終わっちゃって寂しいなぁ。
どうなっちゃうんでしょう・・・。予想も楽しいですが、いい意味で裏切られる結末を期待したいですね。

  • 2006/05/11(木) 12:09:51 |
  • URL |
  • mari #B9A5zm5U
  • [ 編集]

mariさん、はじめまして。

>内容を知っても、漫画で読むとまた違うと思うので。
「これ違う!」というところがあっても、責任は取れませんのでご容赦を(笑)
拙い私の文章では小畑先生の絵の迫力をお伝えできるはずもありませんが。

>いい意味で裏切られる結末を期待したい
DEATH NOTEが続いたら一番いい意味での裏切りといえるのかも・・・。
でも、続くことはないでしょうね。
映画・小説・アニメといろいろ展開していくようですが、個人的には漫画が一番です。
本当、寂しいですね。

それでは、コメントどうもありがとうございました。

  • 2006/05/11(木) 22:56:36 |
  • URL |
  • 本永 #P5gM/qUw
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://roph.blog12.fc2.com/tb.php/94-5590abd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。